占術紹介
罫線1
心感(れいかん)とは感じるものであり、「インスピレーション」あるいは「第六感」といわれているものです。
人は誰しも「第六感」を持ち合わせおり、鋭く感じるか鈍くしか感じられないか感じられない、またはコントロール出来るか出来ないか等の個人差があります。
心感占いを定義することは非常に難しいことですが、統計学的な占いと大きく異なり、人の心を視たりお相手の滞在意識未来の行方など様々なことを鑑定することが可能です。
また、占い師と話すことにより、ご自身の感覚が研ぎ澄まされ、自分の想いに気付くということもあるようです。
▲一覧に戻る
心視(れいし)とは、「見えない世界」を意識を集中することにより「視る」事をいいます。
映像として脳裏にビジョンを映す場合と、感覚的に相手の心を「視る」方法とがあります。
占い師と相談者様の相性次第では、離れた場所にいても現在の状況やビジュアルなどを鮮明に視ることが可能になります。
それゆえ、どのようなご相談にも対応でき、人気の高い優れたな占術です。
ですが反面、視え方には大きく個人差があり、鑑定結果に占い師との「相性」「波長」が影響してしまうことは否めません。
▲一覧に戻る
波動(はどう)とは、人の周りを取り巻く形のないエネルギーのことを指します。
通常、波動は人を包む卵型をしていますが、心のダメージやストレスネガティブな感情により、波動が通常の形より小さくなりすぎてしまったり、歪んでしまうことがあります。
これを修正することにより、心の不安を解消し、苦しみから平穏へ導くことで運気を上げ、恋愛・人間関係をスムーズにすることができます。
▲一覧に戻る
心感タロット(れいかんたろっと)とは、心感をもった人がタロットを操る占い方法です。 タロットカードとは、22枚のカードからなる「大アルカナ」、56枚のカードからなる「小アルカナ」があり、合計78枚のシンボルカードのことを指します。 この占いは根拠なしに出たカードの「偶然の結果」を受け入れていく占いであり、偶然の結果の中に運命が描かれていると考えられています。 どのカードが出るかという偶然性に疑問を覚える方も多くいると思いますが、カードを扱う占い師の心力・念・波動と相談者様の波長・滞在意識を合わせることにより、特に2〜3ヶ月程度先の近未来であれば抜群の的中率を導きだすことが可能になり非常に人気の高い占術です。
▲一覧に戻る
スピリチュアルとは、「心性」「魂」の部分を指していると言われています。 スピリチュアルであるということは、心・魂としての自分を理解していく、ということです。 「私は何のために生まれてきたのだろうか…」「私は何をすべきなのだろうか…」「このままでいいのだろうか…」 心の中で何かがしっくり来ないとき、それは魂からのメッセージ、すなわちスピリチュアルメッセージなのかも知れません。 スピリチュアル占術をもつ占い師は、希望によりリーディングした(読み取った)スピリチュアルメッセージやオーラなどをもとに鑑定を行います。
▲一覧に戻る
ヒーリングとは「癒し」のことを意味しています。 何かを占うというよりも、相談者様を苦しみから救うための占術です。 負の感情や心の不調、不安苦しみを離れた場所からヒーリングすることにより、癒しのパワーで理由のわからない闇から抜け出すお手伝いをします。 また、遠隔ヒーリングは、恋愛対人関係でお悩みのお相手に心を開く誘いの気を送ることも可能です。
▲一覧に戻る
チャネリングの語源はchannel。 チャネラーは、ラジオの周波数を合わせるかのように、エネルギーや一人一人の持つ波動の波長を合わせて情報を交信することができます。 目に見えない存在(高次の存在)とのコンタクトにより、日常的な意識から外れた様々な情報を引き出す鑑定方法で、人の現在・未来・過去を知る、あるいは潜在意識の中にある答えやメッセージを導き出します。
▲一覧に戻る
☆登録はこちらから☆
罫線1
■TOPへ戻る
罫線1

Presented by
(c)電話占いマヒナ